ホームへ

可撒式矯正装置

 
固定式矯正装置(含半固定式)











 
矯正装置は、大きく分けて自分で取り外しの出来る可撒式装置と、自分では取り外しの出来ない固定式装置の2種類があります。以下はその例です。
(下の★文字は通称です)

1.F・K・O
 
2.M G A
治療の為に設定した位置で強制的に咬ませる矯正装置   下顎が上顎に対して後方に位置している場合、下顎を前方に誘導し成長を促進するための装置
 

3.スライディング・プレート
咬み合わせの深い場合に、下顎が後方へ下がりやすくする装置。反対咬合(受け口)にチンキャップと併用して使う
 

4.咬合挙上床(MPA)
咬合不全や顎関節症の治癒に使用する
 

5.チン・キャップ
 
6.ヘッド・ギア
反対咬合(受け口)の方用装置。
下顎を後退させる。
  上顎前突の方用装置。
上顎大臼歯の後方移動、上顎の前方成長を抑制する。
 

7.プレートタイプのスクリューエキスパンジョン
ねじを1回90°回転させて歯列の幅を広げる装置
   

8.スプリングリテーナー
表・裏とも、歯を押さえるように帯状の透明なプラスチックの中にワイヤーが通っていて、少しの凸凹を治す装置。
 

9.保定装置〜リテーナー〜
矯正治療後、歯が後戻りしないようにするための装置
上顎用【可撤式】   下顎用【固定式】
下顎3〜3の舌側にワイヤーを装着する
 
 
 



 
矯正装置は、大きく分けて自分で取り外しの出来る可撒式装置と、自分では取り外しの出来ない固定式装置の2種類があります。以下はその例です。
(下の★文字は通称です)

1.ホールディングアーチ
 
2.リンガルアーチ
間の歯を抜いた時に、後方の歯が前に来ないように上顎に入れる装置   歯の裏側に装着し、奥歯が動かないように固定したり、細いバネで歯を正しい位置に移動する装置
 

3.タング・ガード
開咬や舌癖のある方に使用する装置
タングガード使用前    
舌癖があり前歯が空いている   タングスパイクにより舌が前方へ出ないようにする
 
  タングガード使用前
  舌癖が良くなり前歯が噛み合ってきた

4.ブラケット類
〜マルチブラケット〜   〜リンガルブラケット〜
全歯に直接装着する。
金属製が効率的で破折しにくいですが、審美的な歯と同色のブラケットが主流になっている。
  審美性を考えて舌側(裏側)に装着するブラケット。
 

5.拡大装置(クワドへリックス拡大装置)
歯列弓が狭くなっている時(狭窄)歯列を広げるために装着する装置

6.プレートタイプのスクリューエキスパンジョン


7.ペンデュラム
奥歯を現状より更に後方へ移動させる装置
上顎前突や狭窄歯列に装着する

8.ジャスパージャンパー
下顎を前方へ移動させ、上顎を後方へ移動させる装置
上顎前突に装着する
 

9.保定装置〜リテーナー〜
矯正治療後、歯が後戻りしないようにするための装置
上顎用【可撤式】   下顎用【固定式】
下顎3〜3の舌側にワイヤーを装着する
 
 
 

HOME | 初めての方へ(プロフィール)| クリニックのご案内 | 矯正装置の種類 | よくある質問 | 矯正関連リンク | お問い合わせ
矯正治療例 | 歯周治療例 | 審美歯科治療例 | 顎間接治療例 | インプラント治療例 |